2020年3月8日日曜日

【続】新型コロナウイルス考(※2020.3.8時点の院長の私見を大いに含みます)

滋賀県でも患者が発生し、いよいよ対策を本格化せざるを得なくなりました。
発熱(37.5℃で区切ってます)ある方、あった方は
出入り口、診療を区切っての対応としています。

しかし、若い方で、花粉症かな?として来院されて実は
新型コロナウイルス感染だった という可能性は充分ありうるわけで
無症状の軽症者が圧倒的に多いという予測にたてば
現状の「隔離」「拡大抑制策」の限界は自明です。 
いつまで厳格な警戒体制をつづけるのかということを
(恐らくは新規患者数の発生がへるポイントがわかるまで誰もやめられないでしょうが)
感覚、とか、忖度、とか、利害 とかなし
「科学」(疫学) 確率論で 対応していく必要があります。

首相が「非常事態宣言」すれば 各自治体(都道府県知事)に
権限が集中するわけですが、果たして、防災、疫学そういう観点で
冷静迅速な対応ができるのでしょうか?

「何を心配しているのか?」と言われれば
軽症者の集中による医療機関の麻痺、そして重症者が救えなくなること
また、新型コロナウイルス感染ばかりに 医療資源(ヒト・カネ・モノ)が
奪われれば、本来、救えるべき救急診療にも支障をきたす可能性があること です。

広島では医療機関を7-8回受診しての 初めての新型コロナウイルス感染診断
大阪 国立循環器病センターの 1週外来 休止

動き回る軽症者が明るみになってくる(検査すれば明らかに増えてくる)と
二類感染症だからと かかわった人間、施設、2週機能停止させるのが
本当にただしいのか?
(初期、蔓延防止策としては正しいのですが)
諸外国からの入国制限をしておきながら、国内流行地域の「満員電車」のリスク
どうするのか?

まずは、医療的な危機 ですが
「新型コロナウイルス感染」で入院 ばかりになれば収容機関のベッドなんて
すぐにうまります。
災害対策と同じで「最大多数の最大幸福」を目指すなら
溢れかえる軽症者は待ってもらって(ちゃんと制御して) 本来救わなければならない
重症者を最優先で「トリアージ」していく必要があって、
大多数の「心配だから」という若い層がちゃんと自宅待機すべき意味を
きっちり伝えているか、また理解しているか といえば甚だ疑問です。

なんでもかんでも検査して見つけて隔離 という段階ではなく
PCR検査の感度(陽性を陽性として判定する)の限界と
その検査を行う際にも、周辺(ヒト、モノ、環境)感染リスクが極めて高いこと
で、本当に「PCR検査」が必要なのは誰なのか
(間違いなく呼吸困難起こしている重症者です)
周辺、濃厚接触者の検査ばかり増やしてももう仕方ない時期ではないのかと思われます。

ほぼ、同意見のサイトです。
https://newspicks.com/news/4681900/body/?fbclid=IwAR0schmsQqj3xoYEKO40vwkShoSCYdhexqD0Oo3dqo_6TYVwzWB9skW7u1c

検査、検査とさわぐメディアに洗脳されてもいけないです。
「罹って死にたくない」のは誰しも同じですけど、
SARS、MARSより致死率は圧倒的に低く
季節性インフルエンザより高いんだけど、ほぼ軽症で済むことが多く
(昨年1月は季節性インフルエンザで統計上毎日54人死んでいるけど報道されないだけ)
重要化した肺炎に限ってみれば 肺炎球菌だろうがインフルエンザだろうが
報告まちまちも 致死率3-10% で (重症)肺炎そのものが
恐ろしいわけで進むところまで進めば 治療薬は「ない」
(要は人工心肺とか全身管理で「回復を待つ」しかなくなる)んだけど
そういう、機械だらけの場面を映像で流すのは恐怖の煽動にしかならない
(国営放送がこれやっちゃいけませんね)

皆、自宅に篭って 夫婦や家族の会話が増えた なんて
肯定的意見もあります。

現在、新型コロナウイルスの感染診断は、
保険収載されて医師の判断でできる ようになりましたが
行えるのは感染防護設備資材の整った「帰国者接触者外来」だけ、です。
いずれ、ここもパンクするのは自明なので
お役人は当院のような末端の診療所レベルで行うプランをたててますが
「そんなものできるか!」 です。
http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/COVID-19_taioguide2.pdf?fbclid=IwAR1KBdXgeRC-nUZ_6T7QJ4fHOeGnXgh_CY-JvQyBVSfr2cKXP5WsY0bYes8

屋外でドライブスルー検査 韓国はやってます。

大津市医師会の先生方とも「協力はするから”場”を準備してください」と
保健所にも訴えました。三日月知事にも伝えました。
65歳以上の開業医の先生に、不十分な装備で検査しなさいって
言うことは、新型コロナウイルスに罹って14日休んでくださいどころか
一歩間違えば命を危険にさらしてください。 というのと同じでは?
 
当院での実際の診療ですが、
検査患者さんが診療開始直後は集中します。
9:00から 区分けして診察しますが
問診(かなり詳し目)、診察、そして、インフルエンザ検査と胸部レントゲン検査が
ほぼ必須になって、説明、処方、会計 急いでも20分かかります。
そのあとの消毒処置換気などいれても1名30分が限界です。
発熱者だけでなく、「かかりつけ」の慢性疾患の患者さん
内視鏡などの検査の患者さん、ゾーンをわけての案内してますが
1名6分で診療しても 待ち時間が出ます。
一定の限度内でしか診療はできず、時間超えての対応ができないので
「ルール」決めての対応をさせていただいています。
(すでに当院での診療は飽和状態なので余力がありません)

4月から菅医師をお招きして、耳鼻科診療拡充しますが
本当は内科、小児科医師を配置して、私の診療混雑を改善したいのですが
本当に医師確保は困難です。
花粉症や扁桃炎などは、できるだけ耳鼻科診療へ
(必要あれば内科へ戻ってもらってます)
また、検診などの知識、スキルUPしていただいてからは
西川医師と同様に内科一部の外来診療を兼務していただくことになりますので
ご理解ご協力よろしくお願いします。

2020年2月26日水曜日

新型コロナウイルス 対策など

注意)以下の内容は記載時における院長の個人の私見によるものであることを予めお断りします。

開院当時に新型インフルエンザH1N1(2009)の騒動があったのが
よい反省になっているように思えますが、
10年経ってもう定着しており、インフルエンザの年間の死者数は死亡統計上
3000人、2019年1月では1685人がなくなっていて、1日あたりにすると
54人ということになり、現在のコロナウイルスに比べれば如何に多いかと
判断できるはずなのですが、報道されればいかにも多く 
されなければなかったかのように錯覚する現状で 「想像力」と「冷静さ」が
どれだけ重要か痛感します。

連日、死者の報道や若年者の重症例などが報道されると
新型コロナウイルスがとんでもなく恐ろしく思えるものの、致死性が高いことが
恐ろしいのではなく、「感染力」が高いことこそ恐ろしいのであって

武漢では、集団の会食で広がったらしい
日本でもクルーズ船のDMAT隊員や救急隊員ですら(装備十分なのに)感染
どうも熱帯地域や南半球ではまだひろがってない
SARS MERSも一定のポイントで患者数は減少する

ここ数か月で拡大が抑え込めるかどうかがカギなのは間違いないのでしょうが
ほぼ「皆かかっていくものだ」というくらいの覚悟(つまり慌てないということ)
それから できる限りかからないのはどうするか 何ができるか 
これを考えることになります。

空気感染や飛沫感染があったとしてもそれが主ではなく
指先から自身の粘膜へ付着させる接触感染が主な感染ルートではないかな
(DMAT隊員や救急隊員での感染)
と思われ、
最も危険な感染場所は 病院、医院ということになりそうで
そこのドアノブ、取っ手が一番多数にさわられることになりそう
と、いうことで、院内にも徹底的に掲示をしてみました。

本当は手指消毒液を来院患者さんの分すべてに用意したいところですが
昨今の事情で自身や職員の分ですら入手困難な状況です。
30秒1回の手洗いより 15秒2回の手洗いが残存細菌・ウイルスすくないという
データもあるらしく、とにかく、院外に出られたらできるだけすぐに
手洗いをおねがいしたいところです。


2020年1月28日火曜日

もしばな ゲーム と 私の講演

院内 診察室1前の電子掲示板にも 当日の講演スライドを流しています。
2月16日(日) 14:00- 真野市民センター ですが
私の講演と もしばなゲームを実際にやっていただく 「終活」勉強会です。
興味ある方はご参加ください。

2020年1月3日金曜日

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。
恒例の初日の出(犬連れ)散歩でしたが
老犬(15歳)は 足腰弱って立てず 若者2匹で。
近江富士あたりから昇るのが見えるのですが、雲に隠れてたため
近所の公園に戻ってきたあたりで。
こんどはまぶしいので一部陰に入っての記念撮影です。
例年、2日からスキーに出かけるのですが、
成人式迎える長女にはふられ、次女は受験でスベっている場合でもなく
散歩と水槽掃除(+洗車)に明け暮れる年始でした。
4月からは 火曜・木曜の午前 耳鼻科に 菅(かん)先生が着任されます。
日吉台小学校 ならびに 滋賀医大の後輩にあたります。
また、詳細はHPなどでご報告します。
2月16日(日) 真野市民センターで講演することになってて、
その準備もするつもりでしたがやっぱりできませんでした。

2019年12月12日木曜日

続「一隅を照らす」





滋賀県医師会誌に寄稿した内容です。

「一隅を照らす」
私は10歳の時に大津に転居し、当時国鉄湖西線「叡山」駅の冬の雪の多さと
ドアを手であけることに衝撃を受けました。
比叡山には何かと足を運ぶこともあり、比叡山高校の校門前にも「一隅を照らす」と
掲げられ何度も目にしていたものの、ほぼその意味を意識したことはあまりなく気づけば
約40年も過ぎていました。
当初は帰宅すれば出迎えてくれていた娘たちも、出迎えるどころかリビングで出くわせば
自室にさっさと逃げていき(出てくるのは小遣い要るときのみ)
元気に出迎えてくれていた愛犬も衰え、白内障に難聴で寝ていることがほとんど。
家内もその横で寝ていることがほとんど。
あまりに悲しいので、仔犬を兄弟で飼い初め、例えおやつ目的でも帰宅時に猛烈に
歓迎してくれるのに喜びを感じる日々でした。
たまには遠方へ犬(若い2頭)を連れて、散歩もどうだろうということで晩秋に行先を探すと
比叡山も堂内は無理でも犬連れOKということがネット検索で判明し
それでほぼ10年ぶりくらいの比叡山訪問となりました。
再び、目に入る「一隅を照らす」の文字も、いつもと違う「広場」で興奮気味の犬に引きずられ
気にもとめ(られ)ず、亡父が眠る阿弥陀堂だけには犬を外へ待機させ入って手を合わせてきました。
夕刻近づいてからの横川は人も少なく、こちらは紅葉がより美しくゆっくりした散歩となりました。
横川は滋賀医大の解剖実習後の慰霊式で訪れて以来、恐らく25年ぶりだと思います。
すっかり気を良くして、その次週湖東三山も見ごろということで、調べてみればこちらも「犬OK」と
いうことで、下調べついでに西明寺のホームページから「住職日記」というブログにたどりつきます。
https://saimyouji.com/monk2/#post-151
いや、心が洗われるような、名文の数々で反省することも多く、その日記「道心」で「一隅を照らす」の
よき解釈に出会うことになりました。
引用させていただくと
『一隅を照らす。この一隅とは、重箱のスミや端っこをさすのではなくて自分の持ち場のことです。
すなわち現在自分自身が関与している持ち場を守り、ベストを尽くすことを一隅を照らすと言います。
こういうポストにベストを尽くす人材こそ世の中になくてはならない国の宝だと言っておられるのであります。
もっとくだいて言いますと「一隅を照らす」ということはどんな嫌な仕事でも、この道心(向上心)をもって
ベストを尽くして行くと、だんだんと嫌な仕事も好きになってくるものです。
そしてその仕事が好きになってくると、その仕事にいろんな工夫を加えて、おもしろく仕事をするようになってくるので、
ますますその仕事が好きになってゆき、いつの間にかその職場になくてはならない存在になってゆくということです。
こういう人達がたくさん世の中にでてくると、いろんな場所が照らされて、世の中が明るくそして住みやすい場所に
なってくるということなのです。』
金剛輪寺、西明寺と早朝から愛犬たちと訪れましたが、本当に美しく心洗われる気がいたしました。
本当は、ここで終わるつもりでしたが、非常に残念な思いで再び「照一隅」と出会うことになるとは思いませんでした。
アフガニスタンの中村哲先生。
私が色々書くべきこともございません。週刊文春2016年9月1日号が追悼記事としてネットで検索可能です。
https://bunshun.jp/articles/-/16860
先生は精神科に入局され、うつ病、統合失調症の患者の話をとにかく聞き続ける日々だったそうです。
相手に寄り添うようにして、ただただその人の気持ちを理解しようと努めた経験がアフガニスタンで
文化も風習も異なる人たちと接する際に役だったそうです。
引用です。
『大切なのは彼らの生きる世界を受け入れ、自分の価値観を押し付けないことです。
単に違いであるものに対して、勝手に白黒をつけてしまうことが様々な問題を生む。そう考える癖がつきました。』
心より中村先生のご冥福をお祈り申し上げます。
肉体は滅んでも「精神」は生きる。こころのなか、で、生きる、生き続ける。
この「生きる」ってのは、結局、「ことば」なのではないのでしょうか。


2019年11月24日日曜日

紅葉狩り 一隅を照らす

先月から色々行事も立て込んでおり、診療もワクチン接種が佳境
内視鏡検査も、今年はいっぱい、来年1月も埋まりつつあり
「ぎゅうぎゅう」の状況ですが、「忙しい」と言っておられず・・・です。
「忙」という字は「心」を「亡くす」
患者さんからもこれまでの対応と違うと怒られることはあり
(連日100名以上の患者さん対応になると、心療内科的診察は時間的にもできなくなり
 専門医・専門施設に委ねざるを得ません)
こちらもそれで凹むのですが
近いが故?暫く出かけてなかった パワースポット 比叡山に出かけてきました。
滋賀医大 解剖実習後の慰霊にも訪れた横川
当然、犬は御堂には近づけず。
亡父が眠る阿弥陀堂にも久々に。
湖東三山も「犬OK」(ただマナー厳守)とのことで
勤労感謝の日も早朝から 金剛輪寺と
西明寺へ
「一隅を照らす」わかっているようでわかっておらず
西明寺ご住職の「住職日記」
「道心」
大変勉強になりました。そして反省。
帰宅後、普段あまり顔を合わさなくなった娘たちから「お仕事お疲れ様」の
プレゼントをもらい、滅茶苦茶嬉しかったという、いい休日でした。
これから、寺社巡りと俳句でも始めましょうかな?